[現代福祉学科]第7回純心福祉実践研究会のご案内

[現代福祉学科]第7回純心福祉実践研究会のご案内

 現代福祉学科では、11月19日(土)に第7回純心福祉実践研究会を開催することとなりました。テーマは、「災害と福祉 :今,福祉施設・事業所・関係者に求められているものとは」です。

 昨今の日本は、大きな自然災害に立て続けに見舞われています。そのなかで、被災した地域における福祉サービス利用者は、被災者の中でもことさらに困難な生活状況を強いられていることが明らかになってきました。九州においてこの度、熊本地震による大きな被害を受け、長崎県内の福祉関係者にとって、いかに災害に備え、また被災地に対して支援をしていくかという問題が、決して他人事ではないことを強く感じるようになったと考えられます。

 この度、「災害と福祉」というテーマで、実際に福祉関係者として災害や災害における支援を体験した方々による話を通じて、今後、福祉関係者として何が求められているのかについて議論を深めたいと考えています。

 是非とも、多くの卒業生の皆さんや関係者の方々とともに語らい、明日にむかって歩みだす活力につなげていきたいと思います。

 純心福祉実践研究会は、実践現場にいる卒業生やその関係者の方々だけのものではありません。卒業生が学校に戻ってくる機会でもあり、そこからさまざまな交流が広がっていくことを目指しています。福祉実践から離れている皆さんも、是非ともおいで下さい。懐かしい先生と仲間に会うことができると思います。

 お忙しいかと存じますが、皆様ふるってご参加ください。三ツ山にてお待ちしております。

長崎純心大学 人文学部 現代福祉学科長 松永 公隆

  • 日時:平成28年11月19日(土)13:30~16:00 (受付:13:00~)
  • 場所:長崎純心大学 S205教室

プログラム等の詳細はこちら