[比較文化学科]比較文化(交流史)研究序説の課外授業-日本二十六聖人記念館を訪れて-

[比較文化学科]比較文化(交流史)研究序説の課外授業-日本二十六聖人記念館を訪れて-

比較文化学科の「比較文化(交流史)研究序説」の授業で、日本二十六聖人記念館(長崎市西坂町)を見学に行ってきました。授業で学んだことを実際に目で見て理解を深めました。

日本二十六聖人殉教記念碑の前で

学生の感想

風間千璃(比較文化学科1年生)

フランシスコ・ザビエルの直筆の手紙が心に残りました。フランシスコ・ザビエルは日本に初めてキリスト教を宣教した人です。この時代は航海も命懸けであり、そのような状況の中、スペインからアジアまで来たフランシスコ・ザビエルが、スペインに宛てた手紙の本物が、何百年の時代をこえて残っていることがとても印象的でした。 今回の研修を通して、普段の授業で学んだことを実際に体験、見ることができ、学びを深める事ができたと思います。

田中寿来(比較文化学科1年生)

一番印象に残ったのは、雪のサンタ・マリアという絵です。この絵は昔、長崎がまだ禁教時代だった頃、外海の潜伏キリシタンが持っていたもので、実際に遠藤周作の沈黙という映画にも登場します。ガイドさんから伺ったのですが、禁教の時代、多くの人はキリスト教徒だと役人にばれないように観音をマリア様の代わりとして崇めていたそうです。そのような時代に、サンタ・マリアの絵を持っているということは、リスクが高く、命がけだったこらしいです。禁教の時代から長い年月を経てきた、この絵を、私が見ている、そう考えるととても感動しました。私たちは、今現在を生きていています。ですが、こうして遠い過去の絵などに触れると、その時代の人々の思いや願いが伝わって来るようでした。二十六聖人記念館の中に入ったのは、今回が初めてでしたが、本当に歴史的にも貴重な多くのものを見ることが出来ました。

下村美夕紀(比較文化学科1年生)

今回初めて二十六聖人記念館に行き、様々な発見があり、たくさんのことを学べました。長崎にキリスト教が布教され、信者が生まれるも幕府から弾圧されるといった一連の流れについてまたより深く知ることができたし、展示されていた手紙や絵、その他の展示物を通し、長崎のキリスト信者が辿っていった運命というのを肌で感じられた時間だったと思います。長崎とキリスト教というのは昔から深く結びついていたのだと再確認する必要があると気づかされました。

谷村彩音(比較文化学科1年生)

最も印象に残ったことは、「原爆被爆の歴史とキリシタン迫害の歴史」を知っている展示物が多く残っているということでした。この歴史は長崎しか持っていないものであり、昔の人々の苦しみや、被害の大きさ、悲しみを物語っているようでした。ただ展示物を見るだけでは分からないこと、その背景にある歴史を教えていただいて、初めてそれらの大切さ、重みが理解できたので、記念館の方からお話を聞きながら見て回れたのはとてもいい経験になったと思います。

田中美紅(比較文化学科1年生)

今回の研修を終えて、講義だけでは見えない部分が沢山あったのだと気づきました。中浦ジュリアンの手紙、雪のサンタ・マリアなどを実際に見て分かることが多くありました。特に気になったものは、中浦ジュリアンの手紙です。流れるような綺麗な文字で両面に書かれた手紙をみて、1500年代にヨーロッパに渡りさまざまなものを学んだことの背景には、計り知れない語学の学びがあったのだと改めて気づきました。今回は、学芸員の方の解説があったので混乱することもなく見れましたが、次に来る時はさらに学びを深め、知識のある状態で見れたらより理解が出来るのかなと思います。

ロレンソ・ルイス像の前で

授業概要

【授業名】比較文化(交流史)研究序説

【授業のねらいと概要】16・17世紀における東西文化交流、特にポルトガルとの交流によって隆盛期をみた日本の南蛮文化の中から、日本の文化史上特筆すべき事項を取り上げ、異文化との出会いと受容、土着化について考察する。