[比較文化学科]司書を目指して勉強中

[比較文化学科]司書を目指して勉強中

「司書を目指して勉強中」

北村美希(比較文化学科 3年)

私は、もともと本を読むことが好きだったので、本のことを学べる司書課程を取ることにしました。司書は、図書館情報学の知識と技術を身に付け、図書館の資料、整理、保管、提供などのサービスを行っています。

私達が受ける司書課程の講義の中でも、本の分類の仕方などを学んでいます。最初は分からないことがたくさんありましたが、勉強していくうちにどんどん面白くなりました。司書資格はほとんどの人が大学から取っているので、分からない所などはみんなで教えあいながら勉強に励むことができます。

本に興味がある方、将来図書館で働きたいと考えている方は是非、司書課程を取ってみてください。

(左)北村さん

比較文化学科の仲間たちと


 


「比較文化学科」は「英語情報学科」と融合し、2018(平成30)年4月より新たに「文化コミュニケーション学科」として始動します。