[比較文化学科]滝澤教授がテレビ取材を受けました。

[比較文化学科]滝澤教授がテレビ取材を受けました。

7月31日(月)比較文化学科の滝澤修教授がキリシタン武士である後藤寿庵について、岩手テレビ放送の取材を受けました。内容は、TBS―BS全国放送で放映されます。

皆さん、キリシタン武士の後藤寿庵って知っていますか?彼は、長崎の五島で洗礼を受け、そこから、後藤寿庵(ジュアン)と名乗ったと言います。伊達政宗に伝えて、東北でキリスト教布教に関わりました。地元では、胆沢川から水を引いて寿庵堰(じゅあんぜき)を作りました。今でも、地元の人々から愛されています。幕府の禁教下、消息が不明となります。

 

滝澤教授は、この後藤寿庵の生きた時代背景である、豊臣秀吉の伴天連追放令、江戸期の禁教政策、宣教師を送り出したスペインやポルトガルに関して説明しました。