[比較文化学科]比較文化(椎葉ゼミ)から高校教員へ

[比較文化学科]比較文化(椎葉ゼミ)から高校教員へ

比較文化(椎葉ゼミ)から高校教員へ

鶴薗絵梨(大阪府立堺上高校 勤務、2012年度 比較文化学科卒)

今年の3月に、初めての卒業生を送り出し、現在は1年生の副担任をさせていただいています。どうすれば、「分かった!」という生徒の表情が見られるのか、毎日が試行錯誤の連続です。

大学生活を振り返り、最も印象に残っていることは、ゼミの先生の研究室で友達と勉強したり、話をして過ごしたことです。どんな時も、親身になって熱心に指導してくださった先生には本当に感謝しています。

これからも、生徒とともに学び、生徒の「分かった!」という表情を1つでも多く見られるように努力をしていきたいと思っています。

生徒の卒業式で


比較文化学科の授業風景