[比較文化学科]比較文化学科で学ぶ楽しみー臨地研修ー

[比較文化学科]比較文化学科で学ぶ楽しみー臨地研修ー

比較文化学科で学ぶことの楽しみの一つに、臨地研修としての1日バス研修があります。

今年は、10月28日(土)に、比較文化学科の滝澤教授の案内で、南島原のキリシタン関連遺跡を巡りました。授業で学習したことが追体験できます。

参加した学生の感想
比較文化学科 3年生 赤岩佳歩

研修の中で最も印象に残った場所は、有馬キリシタン遺産記念館です。私は昨年もこの研修に参加しましたが、この一年で様々な授業で新たな知識を得たおかげか、記念館での説明がより分かりやすく頭に入ってきたような気がします。特に、島原・天草一揆については、当時の民衆たちのキリスト教への想いの強さ、信者の多さにとても驚かされました。どうしても信者は長崎市のほうが多いというイメージが抜けきれず、私は、ゼミで南蛮屏風や南蛮漆器について勉強していますが、なかなか島原のほうまで勉強できていなかったので、今回とても良い勉強になり、今後ゼミの勉強を進めていく上で新たな視点として考える良いきっかけになったと思います。今後も「自分の目で見る」ことを大切にして勉強していきます。

比較文化学科 3年生 辻ありさ

今回の南島原・島原バス研修では、南有馬キリシタン遺産記念館や原城跡公園、有馬セミナリオ跡などキリスト教に関する様々な地に行くことができた。その中で特に印象に残ったのは南有馬キリシタン遺産記念館である。今回で行くのは2回目だったが、前回より内容の理解が深まったと感じた。

南有馬キリシタン遺産記念館には、キリシタン大名の誕生の経緯や、天草一揆のきっかけから終わりまで年表でまとめてあり、理解しやすかった。また、当時の様子が人形を使って表せられていたり、ヨーロッパから伝わってきた物や当時使われていたもののレプリカなどもあって、当時の様子がより良く理解できた。今回のバス研修では、実際の場所やその土地に行く事で授業で学ぶだけでは分からなかったり、想像がつかなかったりする事を学べて面白かった。

原城跡の天草四郎像の前で

比較文化学科 3年生 北村美希
南有馬キリシタン遺産記念館では、南島原におけるキリスト教の伝来から繁栄、そして島原・天草一揆までの歴史がわかりやすく展示されていた。島原・天草一揆は、有馬晴信の死後、政治を行った松倉重政による年貢の過重取り立てや厳しいキリシタン弾圧に耐えかねた領民たちが起こした反乱であった。

そんな反乱の様子を展示していた中でも特に印象に残ったのが、原城跡発掘現場のレプリカである。子どもから大人までの足や腕の骨が散乱している様子は、当時の残酷な状況を映し出していた。一揆後も、幕府は絵踏や宗門改めを強化して、キリシタンを摘発した。しかしこの状況を乗り越え、250年間潜伏を続けたキリシタンがいるというのは、とてもすごいことだなと改めて感じた。彼らが守り続けたキリスト教が今もなお信仰されているというのは、奇跡といっても過言ではないと思う。

研修参加者の日ごろの授業で