[児童保育学科]第12回エキシビション(報告)

[児童保育学科]第12回エキシビション(報告)

 平成29年6月17日(土)、とぎつカナリーホールにおいて、児童保育学科4年生による「第12回エキシビション」が開催されました。当日は県内外から1400人を超える方々にお越しいただき、盛会のうちに終了しました。

担当:児童保育学科 田中珠美


(第12回エキシビション実行委員長挨拶)

 私たちは約1年をかけ「感謝を胸に笑顔の花を届けよう」というテーマのもと、演目の構成、台本や道具作りなど一から企画し、日々練習を重ねて参りました。その中で、一から全てを作り上げることや、思いを表現することの難しさを感じました。また、自分たちの力だけでは上手くいかない部分もあり、たくさんの人に支えて頂き、今の自分たちがあるということを実感しました。
 そして、何よりこの一年間、仲間を同じ目標に向かって努力することができたことは、私たちにとってかけがえのない財産となりました。
この想いを胸に、それぞれの夢に向かって日々精進してまいります。
 家族を始め、これまで私たちをあたたかく見守り支えてくださった多くの方々に感謝しています。
 本当にありがとうございました。

児童保育学科4年 杉谷夏美 



学科長挨拶


実行委員長挨拶



絵本シアター①


絵本シアター②



歌①


歌②



科学①


科学②



ミュージカル①


ミュージカル②



ダンス①


ダンス②



太鼓①


太鼓②


合唱①


合唱②


合唱③


合唱④


造形表現①


造形表現②



受付①


受付②


受付看板