[児童保育学科]平成26年度 卒業論文発表会

[児童保育学科]平成26年度 卒業論文発表会

 2月17日(火)に児童保育学科の卒業論文発表会が開催されました。
 4年生99名にとってこの日は、それぞれの研究テーマの下で作成した卒業論文の成果を発表する大事な場であり、4年間の学びの集大成でもあります。緊張感と限られた時間の中、熱心に発表する姿がとても印象的でした。また、司会、会場設営は3年生が務め、スムーズな進行、運営によって4年生は気持ちよく発表が行えたことと思います。
 学生同士、教員による質疑応答も活発に行われ、研究を深める大変充実した発表会となりました。


平成26年度卒業論文の題目より一部を紹介します

  • 想像力の向上を目的としたお話の提供 ―視覚的・聴覚的工夫を用いて―
  • 母親と乳児の繋がりを深めるために ―わらべうたを用いて―
  • マーチングの要素を取り入れた音楽活動>
  • 聴覚障害児と音楽との関わり
  • 人はどのくらいの音量で不快と感じるのか
  • 生活習慣と学力・体力の関連性
  • セクシュアルマイノリティの子どもの現状とケアについて ―特に幼少期の子どもに注目して―
  • バングラデシュにおける女性のための識字教育に関する研究
  • 駄菓子屋の存在が子どもに与えるもの-子どもに関わる社会環境の変化を通して-
  • 基本的生活習慣の確立における援助の一考察 ―モンテッソーリ教具の「着衣枠」を中心に―
  • 数教育に導く感覚教育の意義 ―モンテッソーリ教具「幾何立体」の視覚・触覚の視点から―
  • 仕掛け絵本の技法研究~製作と提供を通して~
  • 参加型絵本の製作と提供
  • 女子大学生の第二反抗期経験の有無と捉え方
  • 楽観主義者に共通する特徴についての考察
  • 小学校理科における実感を伴った理解を目指す授業~実際の自然や生活との関係への認識に視点を当てて~
  • 身近な自然との関わりを深めるための保育環境の在り方
  • 小学校におけるICT利活用の実態
  • ベビーマッサージが母親の育児にもたらす影響についての研究
  • Nobody's Perfectプログラムの視点から見た親育てに関する一考察
  • 女子大学生の結婚観について-出産観と仕事観との関連-
  • 「母親の就業」と「幼児期における基本的生活習慣の自立」の関連
  • 旬の食材を使った子どものためのおやつ
  • 子どもの成長にふさわしい食事のあり方~特に食品添加物について~
  • 聞くことが子どもの想像力に与える影響
  • 恥の文化と自己肯定感の研究
  • 保育者としての専門性を用いた「モンスターペアレント」と呼ばれる保護者への対応
  • 口承から子どものための物語へ-グリム童話の改版から見えるもの-
  • 「ハリー・ポッター」シリーズに見る善と悪の二面性
  • 栄養教諭と連携した教科等指導における食育の在り方
  • 小学校国語科における古典指導の在り方について~中学年の俳句・短歌における望ましい指導について~