[児童保育学科]授業紹介「小学校教育実習指導(先輩教員との交流)」

[児童保育学科]授業紹介「小学校教育実習指導(先輩教員との交流)」

小学校教員を目指す学生が,3年次の教育実習前後に教育現場の実践的な学びを深めるのが「小学校教育実習指導」です。

2018年1月27日,昨年の春に本学を卒業して県内の小学校で新任教員として活躍している3人の先輩方を迎えて,交流の機会をもちました。3年生の学生18名に,目前に就職を控えている4年生等6名を加え,大変充実した時間となりました。

前半の講話では,3人の先輩方がそれぞれに,学級担任としての喜びや切実な悩み,同僚の先生方の優しさや教育現場の厳しさ,失敗談などを話してくれました。学生たちは皆,現場の“生”の話に惹きつけられ,近い将来の十分の姿と重ね合わせながら真剣なまなざしで先輩たちを見つめていました。

後半の質疑では,学生から「現場に出る前にまず何を準備しておくべきですか?」などといった質問が出されました。それらに対して先輩の方々は,実例を示したり,持参したノートを紹介するなどして,学生が納得いくように丁寧に答えてくれている姿が印象的でした。

授業の準備や事務仕事で精一杯の毎日を過ごしているであろう3人の先輩の方々,時間が無い中,分かり易いプレゼンテーションまで準備し,後輩に会いに来てくださり,本当に有り難うございました。

文責:原田康英


 

 

 


2018(平成30)年4月、「児童保育学科」は「こども教育保育学科」へ名称変更