本学学生が十八銀行1日支店長に就任しました

本学学生が十八銀行1日支店長に就任しました

平成29年12月25日(時津支店・長与支店)及び26日(東長崎支店・滑石支店)において実施されました十八銀行主催「地域連携・年末防犯キャンペーン」に、本学学生が「1日支店長」として任命されました。

本キャンペーンは年末を控えた防犯対策の一環として、特殊詐欺等への注意喚起を目的に実施されました。

当日は各支店の所在地を管轄する警察署(時津署・長崎署・浦上署)の応援もあり、地域住民の皆様をはじめ多数の来場者で大変賑わいました。

参加した学生は、特殊詐欺が身近な所にまで及んでいる事への危機感を認識したと同時に、来店者から暖かい声を掛けていただき、地域との交流の大切さを再確認するよい機会となりました。

学生コメント

12月25日(月)時津支店
地域包括支援学科3年 大古場 梨紗さん

地域のみなさんの安全のために活動することができて良かったです。特殊詐欺の被害に遭う人が少しでも減ってくれたらいいなと思います。

児童保育学科1年 武田 奈美さん

今回、一日支店長として高齢者や地域の方々に向けた特殊詐欺防止の活動を行いました。この貴重な体験を通して、少しでも詐欺に遭われる方が減ってほしいという思いや、これからも地域に貢献できる活動を行っていきたいと思いました。

 

 

 

 

12月25日(月)長与支店
英語情報学科3年 迎 祐佳さん

地域に密着した活動を行うことは今まであまりなく、1日支店長の体験は私にとって大変貴重な経験でした。この機会を通して、年末の振り込め詐欺の増加という悲しい事実を知りましたし、同時に私にも何かできる事があるのではないかと考えるきっかけにもなりました。微力ではありますが、今回このような機会を通して、少しでも地域の方々のお力になれたことを嬉しく思います。また今後、ボランティア等にも積極的に参加していきたいと思いました。

 

 

 

12月26日(火)東長崎支店
英語情報学科1年 釜坂 愛美さん

たくさんの高齢者の方々と実際にお話しすることができ、大変貴重な時間になりました。このような活動を通じて少しでも振り込め詐欺が減り、地域に役立っていきたきと感じました。これからも地域貢献活動に多く取り組んでいきたいと思いました。

 

 

 

12月26日(火)滑石支店
比較文化学科3年 古谷 彩乃さん

普段、地域の方とコミュニケーションをとる機会があまりないので、今回、大変貴重な体験をさせていただくことができたと思っています。 また、来年から就職活動を始めるのですが、その前に社会で働く方々の中に加わり、一緒に活動をできたことも、私にとってとても良い刺激になりました。 当日は年末ということもあり、多くのお客様が来店されていました。この時期は振り込め詐欺が多いと聞きます。自分は大丈夫だと思わないこと、本人に確認したりご家族に相談するなど、1人で決断せず、周囲を巻き込んでいくことが振り込め詐欺への抑止力になるのではないかと思います。 今回の活動が、来店されたお客様を始め、メディアなどで拝見された方にとって、振り込め詐欺に対して警戒する一つのきっかけになればと願うばかりです。 今後、私自身、振り込め詐欺に対して用心するとともに、周囲の人にも喚起していきたいと思います。

 

 

 

[関連ニュース]本学学生が十八銀行浦上支店1日支店長に就任しました(2017/12/15 浦上支店)