社長の話を聞こう! 県内中小企業社長らと大学生が座談会(2017/12/13)

社長の話を聞こう! 県内中小企業社長らと大学生が座談会(2017/12/13)

学生の就業意識啓発イベント「キャリアフェスタ」(12/11~15)を学内で開催しました。
「キャリアフェスタ」は学生がセミナーや企画等を通じて「学ぶ」ことはもちろん、早期から就職・就業等の情報や支援について理解し、キャリアセンターの活用に慣れ親しむことを目的に開催しています。
フェスタ期間を通し学年を問わず約450名の学生がキャリアセンターを訪れ、様々なセミナーや企画に参加しました。


中でも盛り上がったのは、学生の就業意識啓発と地元企業への理解を目的に初めて実施した、県内企業代表者と学生の座談会「社長の話を聞こう!」でした。本学と包括連携協定を結ぶ長崎県中小企業家同友会の協力のもと、県内企業の代表者等13名をお迎えして2~4年生までの学生25名と座談会を行ったものです。


始めは緊張して問われることに答えることに精一杯だった学生たちですが、企業代表者から直接聞く企業理念や社員・顧客・地域への熱い思いに驚き、また大学で学んでいることを企業で生かすにはどうしたらよいのか、社会や企業で求められる資質や採用面接で重視されるポイントは何なのか等のお話に耳を傾けていました。時間がたつにつれ雰囲気もほぐれ学生からも地元発展への思いや起業の相談も飛び出すなど、1時間半という短い時間でしたが時間を忘れ楽しそうに語り合う様子が見られました。

(キャリアセンター事務室長 小森)


参加学生の感想

・どの企業でも共通して大切なことは笑顔であることと人間関係だとわかりました。
・フリートークだったためゆっくりした雰囲気で話せ、大変良い経験になりました。
・「いやなことは私がよろこんで」の純心のモットーをすごく大切なことだと話していただけ、私自身大切にしようと思いました。
・どんな人と働きたいかを企業の方から伺うことができ良い経験でした。
・様々な業種の社長さんと話ができ、目標を持つことの大切さ、積極的に行動することの重要さを学びました。
・とても話しやすい雰囲気で様々なお話を聞くことができました。またこのような機会があれば必ず参加します。
・就職活動のためだけでなく、これから生きていくうえで大切なことを伺うことができよい経験になりました。


[関連ページ]就職支援活動スケジュール(学内企業説明会・企業等来学・セミナー等 予定表)