本学学生のプロジェクトが「アジア青年平和交流事業」に採択されました(2017/9/10)

本学学生のプロジェクトが「アジア青年平和交流事業」に採択されました(2017/9/10)

長崎平和推進協会「アジア青年平和交流事業」の発表・審査会が9月10日(日)、国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館(長崎市平野町)で行われ、本学の学生4名(代表:英語情報学科3年 迎祐佳)でつくる「Green Pieces」の提案したプロジェクトが「自分たちが考えるアジアの若者同士の国際・平和プログラム」に採択されました。

プロジェクトでは、長崎の被爆の歴史を世界の人に知ってもらうために、被爆遺構や平和関連施設などの取材を行い、英文の電子文書(PDF)を作成し、年度内に大学のホームページに掲載するほか、アジアにある協定校のホームページにも掲載することを目標としています。

発表では、これまで様々な方法で発信されてきた情報を若者目線でまとめることで、10~20代の若い世代に興味関心を持ってもらえるような内容にしたいと意気込みを語っていました。


プロジェクト発表の様子


発表者の皆さんとの集合写真