長崎純心大学の学生が作成 「大学生の視点で見た"長崎の平和への思い"」を英語で世界に向け発信

長崎純心大学の学生が作成 「大学生の視点で見た"長崎の平和への思い"」を英語で世界に向け発信

「What is Peace to You? -One step toward peace from Nagasaki-」(あなたの平和とは何ですか? -長崎からの平和への一歩-)を本学ウェブサイト上で公開しました。

What is Peace to You? -One step toward peace from Nagasaki- >>

「What is Peace to You? -One step toward peace from Nagasaki-」について

人文学部英語情報学科3年生の4名でつくる「Green Pieces」は、活動の集大成として、「大学生の視点で見た“長崎の平和への思い”」をテーマに英文のコンテンツ「What is Peace to You? -One step toward peace from Nagasaki-」を作成しました。

内容は学生自身が取材やインタビューを行ったもので、海外の方々に見ていただけるように英語で原稿を書き上げています。

コンテンツの構成

(1)まえがき
(2)長崎の平和遺構
(3)永井隆博士
(4)語り部と交流証言者
(5)長崎での平和教育
(6)2017年12月2日に実施した東京都立石神井高等学校の生徒とのアクティブラーニング

なお、この取り組みは、昨年9月にアジア青年平和交流事業「自分たちが考える国際・平和交流プログラム」に採択されたものです。

[関連記事]本学学生のプロジェクトが「アジア青年平和交流事業」に採択されました(2017/9/10)

また、昨年、「Green Pieces」は、長崎で平和学習をする中高生に向けたガイドブック「私たち大学生が見た―長崎、平和への道」も制作しています。

[関連記事]学生が平和のガイドブックを制作 『私たち大学生が見た ― 長崎、平和への道』