[医療・福祉連携センター]地域包括ケアシステムに関する研究会を開催しました(7月31日)

[医療・福祉連携センター]地域包括ケアシステムに関する研究会を開催しました(7月31日)

長年、長崎市及び純心中学校・純心女子高等学校でスクールソーシャルワーカーとして相談援助活動を実践されている木村和子先生をお招きし、ご自身のスクールソーシャルワークを通して見えてきた子どもとそれを取り巻く家庭や地域の課題、そこから学校におけるスクールソーシャルワークを取り入れることの意義についてご講演いただきました。

その後の意見交換会においては、地域包括ケアシステムの拠点としての「長崎純心大学ケアセンター扇町」の活用の可能性について、高齢者だけではなく、子どもたちの居場所づくりとしての場、本学の学生による子どもたちへの学習支援の場として活用できるのではないかとのご提言をいただきました。

研究会には、本学教職員をはじめ、純心中学校・純心女子高等学校関係者、長崎大学関係者計40名の方々にご参加いただきました。


長崎純心大学医療・福祉連携センター