マインツ(ドイツ)の学生が本学で社会福祉の研修を行いました

マインツ(ドイツ)の学生が本学で社会福祉の研修を行いました

5月17日(火)~5月22日(月)の6日間、協定校であるマインツ・カトリック大学(ドイツ)で社会福祉を専攻する学生と教職員が来日し、本学で日本の社会福祉に関する研修を行いました。

研修では、地域包括支援学科、児童保育学科、比較文化学科教員の講義を受けたり、恵の丘長崎原爆ホーム別館、純心幼稚園、西浦上地区子育て支援センター、浦上養育院、南山小学校などを訪問し、現場で働く方々と直に話をする機会をとおして、ドイツの社会福祉制度、教育現場との相違点・類似点を学びました。


大学にて


純心幼稚園で園児と交流



本学教員が学校教育制度について説明


ドイツ人学生の発表の様子



ドイツ人学生の発表を多くの学生が聞きに来ました

 


その他にも、本学の学生との交流、長崎の歴史や文化に関するフィールドワーク、ホームステイなどを行い、あっという間の1週間を終えて帰国していきました。ご関係の皆様、お忙しい中で見学を受け入れてくださった施設の皆様、ご協力ありがとうございました。


児童保育学科の学生と交流


グラバー園にて



送別会

 


本研修は毎年受入と派遣を交互に行っており、平成28年度秋には本学の学生10名がマイツを訪れました。今回来日した学生とは昨年の研修ですでに交流が行われていたため、今回の研修では久しぶりの再会を喜び、送別会では別れを惜しんで涙を流す学生も見られました。
平成30年度には、本学から10名の学生がマインツで研修※を行う予定となっています。

言語文化海外実習A(ドイツ)に行ってきました

[地域包括支援学科]マインツカトリック大学の学生が研修