江角初代学園長ゆかりの茶室を改修。茶道部が純心祭に向けて練習中です。

江角初代学園長ゆかりの茶室を改修。茶道部が純心祭に向けて練習中です。

初代学園長である江角ヤスは、茶道等のお作法も教育の一環として大切にしていました。

大学にある茶室は、建築当時、設計にまで江角先生が心を尽くした茶室です。
茶道部の活動場所としてはもちろんのこと、かつて、寮生は茶室でお作法や茶道のお稽古をしていました。

今夏、改修工事により畳の張替えや壁の補修等が行われ、茶室は新築さながらの姿となりました。

茶室を訪れた日は茶道部の練習日。お茶席での練習が行われていました。

見上げた天井の網代(あじろ)も、埃をとり塗装して綺麗になっています。

新入部員は、外部からお招きした先生の指導のもとお手前の練習をしていました。

今週末の純心祭(10/21・22)では茶道部がお茶会を開きます(10/22のみ)。場所は茶室から別室に移りますが、正座ではなく椅子に座ってお茶を楽しむことができます。是非お立ち寄りください。

(総務部広報担当)

純心祭