平成26年度 夏季電力の節電について

平成26年度 夏季電力の節電について

今夏の節電につきまして、文部科学省、九州電力をはじめとする関係機関より協力依頼がありました。ついては、本学としましても下記のとおり節電の取組みを実施しますので、ご協力くださいますようお願いします。
冷房については、外気温度が30℃以上、または、不快指数が79以上となったときに冷房運転を開始いたします。

学長

冷房の対応(下記の条件で対応します)

区分 時間 備考
講義室、実習室、演習室、図書館等 8時50分 〜 17時45分 8月11日~9月13日の運転時間
・月~金曜 8時50分 ~ 16時05分
・土曜 8時50分 ~ 12時30分
研究室、事務室 8時50分 ~ 17時45分
ラウンジ 11時00分 ~ 16時05分
パソコン室、ピアノボックス室 8時50分 ~ 17時45分
  1. 冷房対応の時間内であっても、外気温度が30℃ 未満の場合は、冷房の運転はいたしません。また、不快指数が79未満の場合も、冷房の運転をいたしません。
  2. 各部屋によって、室温の変動が異なるため、それぞれ28℃になるように調節します。
    教室等の使用については、授業開始時に冷房の電源を入れ、授業終了後には必ず電源を切ってください。また、室温が低くなった場合には、冷房を止めるようにしてください。
  3. A、C、F、M、T、J棟の教室等は、温度設定が変更できない措置を講じます。
  4. 休業期間の冷房運転(8月13日~8月17日)は、いたしません。
  5. 補講、集中講義等による時間延長は、この限りではありません。

節電措置

  1. 廊下、食堂、ラウンジについては、電力消費を減らす措置を講じます。
  2. エレベーターは、できる限り使用しないでください。
  3. 消費電力の節減のため、使用していない照明の消灯を徹底するなど、より一層の節約に努めていただきますようお願いします。