[地域連携センター]犯罪被害者支援のための実務協議会を開催しました

[地域連携センター]犯罪被害者支援のための実務協議会を開催しました

当センターは地域連携グループ支援事業の一環として、公益社団法人 長崎犯罪被害者支援センター(http://www.nagasaki-vs.jp/)と連携し、犯罪被害者のための実務協議会を開催しています。

平成27年度の実務協議会は、第1回目を平成27年8月27日(木)に当センターにおいて、第2回目を平成28年3月25日(金)に長崎犯罪被害者支援センターにおいて開催しました。


公益社団法人長崎犯罪被害者支援センターでは、殺人・傷害・交通事故などの犯罪や事故、性被害、DV・ストーカー被害などの被害者やご家族・ご遺族などに対する相談支援が行われています。

平成28年度からは新たに長崎県 県民生活部からの委託を受け、性暴力被害者支援のための専門相談窓口「サポートながさき」が開設され、長崎県産婦人科医会・医療機関・長崎県臨床心理士会・長崎県弁護士会・民間支援団体等との連携・協力により性暴力にあわれた方の支援が行われます。

3月25日の実務協議会では、主にこの「サポートながさき」の運用における課題や、望ましい被害者支援のあり方について取りあげました。
被害者支援のための連携のあり方、被害の影響をできるだけ少なくするための普及・啓発の方法、支援を担う医療従事者や相談業務従事者への知識の普及と支援に従事する相談員のバックアップ体制の必要性などについて、実際に犯罪被害者の支援に携わっている相談員の方からの具体性のあるテーマをもとに話し合いました。

また被害者支援の方法の一つとして、「賛助会員」や「犯罪被害者支援自動販売機設置」についての情報提供もいただきました。「犯罪被害者支援自動販売機」は、「犯罪被害者支援センター」の案内が書かれた自動販売機で、売上金の一部が犯罪被害者支援活動のために寄付されるとのことです。


協議会後に、新年度に向けて改装されリニューアルした犯罪被害者支援センターを見学させていただきました。
以前より敷地面積が広くなり、窓からの日差しが入り室内もずいぶん明るくなったそうです。新年度の体制に向けて着々と準備を進めておられる様子が伝わってきました。

なお、犯罪被害者支援センターでは「被害者支援員 養成講座受講生(第15期生)」の受講生を募集されています(http://www.nagasaki-vs.jp/11.oshirase/oshirase/20160128.pdf)。募集期間は平成28年4月11日~5月20日、講座は6月から11月までの間に月2回程開催される予定です。
犯罪被害者支援に必要な知識を得るための研修会のため、対人援助だけでなく法律や犯罪に関わる知識なども得られる充実した内容の講習会が例年行われています。関心のある方は、どうぞお気軽に下記までお問い合わせください。

長崎犯罪被害者支援センター 電話:095(820)4978