[地域包括支援学科]純心カレッジ三ツ山塾を開催しました(2018/2/4)

長崎純心大学では、知的障がいのある18才以上の方を対象に、「純心カレッジ三ツ山塾」という年間5回の講座を開催しています。

 

平成29年度の締めくくりとして、平成30年2月24日(土)に、本学児童保育学科の山脇美代教授による講座、「長崎皿うどんづくり」を実施しました。学習者の皆さん、学生サポーター合わせて46名の参加がありました。

調理実習は、学習者の皆さんの毎年の楽しみです。山脇先生に調理のお手本を見せていただいた後、8つの班に分かれて、具材を切ったり、炒めたりと皆さん積極的に調理に参加されていました。学生サポーターも普段あまり料理はしないようで、学習者のみなさんと一緒に話し合いながら、調理を進めていました。

 

調理が終わった後は、おしゃべりを楽しみながら一緒においしい皿うどんをいただきました。

 

試食後は、今年度の修了式が行われ、学長より学習者一人ひとりに修了証書が授与されました。学習者さんは、緊張した面持ちで修了証書を受け取られ、来年もまた、三ツ山塾で学習したいという感想をいただきました。

参加してくださった学習者の皆さん、ありがとうございました。来年も一緒に、たくさんのことを学びましょう。みなさんの参加をお待ちしています!


[関連ニュース][地域包括支援学科]第4回純心カレッジ三ツ山塾を開催しました:アールブリュットを体験しよう!(2017/12/2)

[関連ニュース][地域包括支援学科]第2回 純心カレッジ三ツ山塾を開催しました(2017/7/15)


「地域包括支援学科」は、福祉分野に心理学分野がプラスされパワーアップします。