純心賛歌・学園歌

純心賛歌・学園歌

純心賛歌

石川 和子 作詞 作曲

※ 三つ山の緑の園は わが純心
恵みあふれて
ここに集うわれらさいわい

(一)
春来れば 山は静か大気流れて
花々の交すほほえみ
み母マリア祝しませ

(二)
夏来れば 彼方なる入江光りて
誘い来る風の涼しさ
み母のマリア祝しませ

(三)
秋来れば山間に 紅葉匂いて
見はるかす園は錦
主のみ手の奇しきを思う

(四)
冬来れば 真澄の空に星は降りて
悠久の果てを望む
主よみ手もて導きませ

純心賛歌

学園歌

作詞 八田 カネ

(一)
清き流れ 楽しせせらぎ
ほとりに汲む 生命の水
永遠に尽きず 潤いあれと
その名ゆかし わが純心
マリアの心 鑑と仰ぎ
真理のさと 英知の窓
励み集い 深く巨き
神の御栄えを 讃え奉らん

(二)
けがれ知らぬ 心の花の
香ぐわしくも 開き出でて
学びの園 まことの道を
進み行かんわれら乙女
マリアの子等は うまずたゆまで
愛の炎 胸に宿し
世に あまねく ともす光
かかげて 潔めん
永久に 生きて

学園歌

学園歌(.wma)