設立の趣旨

設立の趣旨

心理教育相談センターは、長崎県内で唯一臨床心理士養成コースをもつ本学大学院臨床心理学分野の教育・研修および相 談機関として開設されています。
現在では、ここで学んだ多くの大学院生たちが臨床心理士として県内の医療、保健、教育、福祉さらに産業等の現場で専門的なカウンセリング活動を展開しています。
また、毎年開催される講演会を通じて関連領域の専門家の方々との交流を深めるとともに、様々な心の問題に対するカウンセリングサービスを提供する場として、子どもから大人まで多くの地域の方々にもご利用いただいています。

設立の趣旨

長崎純心大学心理教育相談センター

長崎純心大学心理教育相談センターは、平成10年10月、地域の方々へ心理臨床サービスを提供するとともに、本学大学院臨床心理学分野の教育研修および研究部門として設立されました。

そして、この間、少しずつではありますが着実にそれらの内容充実を図る中で、本学大学院臨床心理学分野は、平成13年4月、(財)日本臨床心理士資格認定協会より第2種の臨床心理士養成大学院の指定を受け、さらに平成15年4月には第1種への昇格を得ることになりました。