終了しました11月13日(土)

児童教育支援センター【連続講演】すぐそばにある児童虐待 ― 悲劇を防ぐために私たちができること ― 第2回 講演会

第2回(2021年度後期)講演会

「法は子供をどう守るか-児童虐待を中心に-」「虐待がもたらす精神医学的影響と回復への道筋」

日時 2021年11月13日(土) 10:00~12:30
会場 長崎純心大学 S205教室(長崎市三ツ山町235番地)

交通アクセス

※駐車場ご用意できます(要 事前連絡)

講師 ①鮎川 愛先生(長崎弁護士会 弁護士)
「法は子供をどう守るか-児童虐待を中心に-」②加来 洋一先生(長崎こども・女性・障害者支援センター所長/精神科医)
「虐待がもたらす精神医学的影響と回復への道筋」
対象
  • 児童虐待問題に関心のある方(どなたでも)
  • 保育・教育関係者(研修に最適の内容です)
定員 50名
参加費 無料
受講申込 ※定員に達したため申込受付を締め切りました

事前申込必要(お申込み先着順)

お申込み
・お問い合せ先
長崎純心大学 児童教育支援センター 事務局

TEL 095-846-0084 (代)[平日 9:00~17:00]
FAX 095-849-1694
E-mail hoiku@n-junshin.ac.jp