2019.12.19比較文化学科

[比較文化学科]酒井環さんが日本学生支援機構優秀学生顕彰大賞を受賞

比較文化学科4年 酒井 環さんが、日本学生支援機構(JASSO)『2019年度 優秀学生顕彰』国際交流分野において、大賞を受賞しました。

受賞の感想

2019年度の優秀学生顕彰に選出いただき、とても嬉しく思っています。今回、私の大学4年間での活動を、優秀学生顕彰 【国際交流】部門に応募させていただきました。

活動内容は、『ナガサキ・ユース代表団』としての活動や、中国・南京でのフィールドワーク、ポーランドのグダンスク市で開催された『第二次世界大戦開戦80周年記念式典』に参加したことなどです。

自分自身の力で、これらの経験ができたのではありません。仲間、家族、先生方、応援してくださる方々、たくさんの支えがあったからです。そして、今回の受賞は、今まで共に努力し、支えてくださった皆さんと一緒にいただいた賞だと思います。機会を与え、支えてくださった皆さんに心から感謝します。今回の受賞を励みに、より一層精進していきたいと思います。

比較文化学科4年 酒井 環

酒井さんの業績概要

ナガサキユース代表団のメンバーとして活動し、NPT再検討会議第2、3回準備委員会に参加・傍聴した。国連内でプレゼンテーションや自作のショートフィルムを上映し、世界各国の若者や外交官と意見交換を行った。(JSSSOホームページより引用)

日本学生支援機構:2019年度 優秀学生顕彰 選考結果(外部サイト)