トップページ > 学園の歴史:創立者 早坂久之助司教
学園の歴史

創立者 早坂久之助司教(1883~1959)

 創立者早坂久之助司教は、日本人最初の司教という歴史的な肩書きを持っています。F.ザビエルは日本にキリスト教を伝えた時からやがては日本人司教が誕生して日本の教会の責任者になることを願っていました。早坂司教は仙台の生まれで旧制第二高等学校を卒業すると1905年ローマのウルバノ大神学校(現在のウルバニア大学)に留学、ローマ滞在中に司祭になって帰国しました。1921年からは駐日教皇庁使節の秘書、文部省宗教制度調査会委員を務めるなど教会内外で活躍していた時、1927年教皇ピオⅩⅠ世によって日本人最初の司教・長崎教区長に選ばれたのです。教皇はローマの聖ペトロ大聖堂で自ら司教叙階の式典を執り行ないました。実にF.ザビエルの願いが 378年目に実現した日本のカトリック教会の記念すべき慶事でした。ローマからの帰国の途次、欧米諸国を歴訪して歓迎と祝福を受けますが、その旅路においてこれからの日本が世界の国々と交流して行くためには、欧米社会の基盤になっているキリスト教的世界観・価値観に立つ国際人の養成が急務であることを痛感します。一方、教区長として着任した長崎においてもカトリックの教育理念に基づく女子の高等女学校を設立して欲しいという強い要望がありました。早坂司教は純心の創立を決意しますが、先ず純心教育に生涯を捧げて奉仕する女子修道会を設立し、その修道会を設置母体に学校を創立することを計画し準備に着手しました。
創立者 早坂久之助司教の司教叙階の式典
創立者 早坂久之助司教の
司教叙階の式典
▲このページの先頭へ