卒業論文

卒業論文

本学では、3年次から専攻演習(ゼミ)を選択し、そのなかで卒業論文を作成することになっています。
卒業研究では、ゼミの担当教員の指導を受けながら、文献研究や調査研究を行い、科学的手法を用いて社会福祉に対して理論的に考察します。

卒業研究テーマ一覧

  • 高齢者施設における介護事故防止に関する研究~特別養護老人ホームの介護職員への質問紙調査を通して~
  • 生活困窮者への自立支援に関する一研究
  • 医療ソーシャルワーカーの地域におけるネットワークづくりの課題に関する一考察~医療ソーシャルワーカーへの聞き取り調査を踏まえて~
  • がん患者の在宅医療を視野に入れた医療ソーシャルワーカーの支援に関する研究
  • 障がいのある弟妹を持つ姉の結婚観に関する一研究-グループインタビューを通して-
  • 子どもの貧困対策とスクールソーシャルワークとの関係に関する一研究
  • 被虐待経験のある成人に対する自助グループによる支援のあり方に関する研究-自助グループSIAb.の取組み-
  • 里親制度推進のための自治体の取り組みに関する研究
  • 認知症高齢者を介護する家族介護者への支援に関する研究~A市の「認知症の人と家族の会」に対する質問紙調査から~
  • 「更生保護施設」における処遇のあり方に関する一考察 X指定更生保護施設を対象として
  • 共生ケアの意義や工夫点に関する一研究-先駆的A事業所を対象として-
  • 医療と福祉の専門職を目指す学生たちのグループ形成過程に関する一研究-「長崎多職種連携・たまごの会」に焦点を当てて-
  • 地域包括ケアシステムにおける社会福祉士の役割に関する一研究