入試Q&A

最新のお問い合わせ

Q. [6/4掲載]社会福祉主事任用資格と児童指導員任用資格は、地域包括支援学科に在学し卒業すると必ず得ることはできますか。
A. 「社会福祉主事任用資格」は厚生労働省が定める3科目以上の単位を修得すること、「児童指導員任用資格」は大学で教育学、心理学、社会福祉学等の科目を修得することで取得が可能です。
本学地域包括支援学科では、これらに関する多数の科目を学ぶことができますので、両資格は必ず取得が可能です。
Q. [5/26掲載]推薦をもらうには欠席日数は関係しますか。3年間で何日以上欠席すると推薦をもらえないことがありますか。
A. お問い合わせいただいた質問について、回答します。
推薦入試の出願の要件に欠席日数の決まりがあるか否かは、所属の高等学校に確認してください。
大学が求める出願資格としては、特に定めはありません。

入試について

プレゼンテーション

Q. プレゼンテーションはどのような試験ですか。
A. 課題に対する自分の考えを試験官の前で口頭で発表する試験です。学習の取組みや成果として、資料や制作物等を提示することも可能です。
Q. プレゼンテーションはどのような準備をすればよいですか。
A. 各試験で求められる内容について、目安となる時間で発表する準備をしてください。提示する資料や制作物等があればその準備も行ってください。

各試験で求められる内容と時間は次のとおりです。
【指定校選抜・学園内選抜】
「高校での活動」「本学への志望動機」「入学後の学び」「将来の目標」等について3分程度で発表。
【AO選抜】
エントリー項目を踏まえ「自己アピール」「入学後の学び」「将来の目標」等について5分程度で発表。

Q. プレゼンテーションはノートなどを見ながらでもいいですか。
A. ノートを見て読むのではなく、口頭で述べていただくことを想定しています。
Q. プレゼンテーションの内容について質問は行われますか。
A. プレゼンテーションに続いて行う面接では、プレゼンテーションや提出書類の内容を踏まえて行います。面接官がプレゼンテーションの内容を確認したい場合は、質問される可能性があります。
Q. プレゼンテーションは、資料を使ってもよいのでしょうか。
A. プレゼンテーションの方法は、口頭のみでの発表を想定しています。パワーポイント等を使用する必要はありません。学習の取組みや成果として、制作物等を提示することは可能です。
Q.プレゼンテーションは「高校での活動」「志望動機」「入学後の学び」「将来の目標」の中から一つにしぼって述べてよいのでしょうか。
A. どれかに重点を置いて述べても差し支えありませんが、4つの項目を盛り込んで発表した方が望ましいと思います。述べられなかった項目については、引き続き行われる面接の中で質問される可能性があります。

一般推薦選抜

Q. 一般推薦選抜の小論文対策はありますか。
A. これまでの出題傾向としては、時事問題や論評、エッセイなどから出題されています。過去の問題は、問題集に掲載しています。

一般選抜A

Q. 一般選抜Aはマーク方式ですか。記述式ですか。
A. 一般選抜Aの解答方式は、全て記述式です。
Q. 一般選抜Aの選択科目は、いつ選択するのですか。
A. 選択科目は、出願時に選択します。出願後の科目変更はできないので注意してください。
Q. 一般選抜Aの選択する科目による不利益はありますか。
A. 問題作成にあたり、問題の量や質、科目間バランスなど細心の注意を払っているので、受験生への不利益はありません。

その他入試関連

Q. 過去の入試問題は入手可能ですか?
A. 本学ウェブサイト、またはお電話等で申し込むことで取り寄せることができます。

資料請求フォーム

お問合せ
長崎純心大学 入試広報課 
[窓口時間]平日9:00~18:00
TEL. 095-846-0084

E-mail. nyushikoho@n-junshin.ac.jp

Q. 入学検定料は、どのように支払うのですか。
A. WEB出願を利用した出願の場合、クレジット払い、Pay-easy(銀行)、コンビニエンスストアでの納入できます。紙媒体を利用した出願の場合は、所定の振込用紙を使用し、銀行またはゆうちょ銀行での納入となります。詳しくは入学試験要項を確認してください。

[人文学部]検定料の納入方法

[大学院]検定料の納入方法

Q. 受験票送付用の返信用封筒の色に指定はありますか。
A. 返信用封筒の色は何色でも大丈夫です。封筒に入れる受験票はハガキと同じサイズなので、ハガキが入る長3封筒を指定しています。
Q. 出願書類は直接大学へ持参してもよいですか。
A. 出願書類は、原則郵送してください。何らかの理由で持参する必要がある場合は、必ず事前に入試広報課(Tel:095-846-0084。平日9時~18時)までご連絡ください。
Q. 入学前の課題はありますか。
A. 2021年度入学者には、入学前に心得ておいて欲しいことをまとめた冊子を送付し、課題シートの提出を課しました。
入学前課題は、入学手続きが完了した全入学予定者に送付する予定です。

学生生活について

Q. クラブ・サークルはどんなものがありますか。
A. スポーツ系、文化系、ボランティア系のクラブ・サークルが約40団体活動しています。大学案内パンフレットや本学ウェブサイトに活動の様子を掲載していますのでご覧ください。

クラブ・同好会一覧

Q. 住まい(ひとり暮らし)についての情報を聞きたいのですが。
A. 自宅から通学することが難しい方へ、下宿、貸間、アパート等の情報を提供しています。
また、学生寮は大学敷地内にありますが女性専用となります。

住まい

学費・奨学金について

Q. 学費について教えてください。
A. 初年度の学費は入学料を含めて115万~117万円、2年次以降の学費は90万円~97万円です。金額は学科や学年によって異なります。

学費

Q. どのような奨学金がありますか?
A. 本学の学生が多く利用しているのは、日本学生支援機構の奨学金です。
高等学校在学中に手続きが必要なものもありますので、利用を希望する場合、計画的に準備をすることをお勧めします。他に、民間の奨学制度や地方公共団体の奨学制度を利用している学生もいます。

奨学金

Q. 独自の奨学金や減免制度について教えてください。
A. 大学独自の奨学金や減免制度には、家庭の経済事情が急変し学業継続が困難になった場合の給付制度や、兄弟姉妹が同時に在学する場合の授業料減額制度、特に優秀な成績を収めた場合の授業料等減免制度などがあります。

授業料減免・学費支援

純心女子学園江角記念奨学金・純心女子学園教育ローン利子補給奨学金

免許・資格について

Q. 教員免許はどの学科で取得できますか。
A. すべての学科に教職課程を設置しています。取得できる教員免許状の種類は学科によって異なります。

取得可能な免許・資格

Q. 公認心理師を取得するには、どのようにすればいいですか。
A. 「地域包括支援学科」の「心理学・カウンセリングコース」で公認心理師に対応したカリキュラムを履修し、さらに本学大学院博士前期課程の臨床心理学分野に進学することで公認心理師国家試験受験資格を取得することができます。

心理学・カウンセリングコース

心理学・カウンセリングコース[4年間の学び]

就職について

Q. 教員免許はどの学科で取得できますか。
A. すべての学科に教職課程を設置しています。取得できる教員免許状の種類は学科によって異なります。

取得可能な免許・資格

Q. 就職率はどのくらいですか。
A. 2021年3月の卒業生は就職率96%でした。
本学では、1年次から継続的にキャリアガイダンスを行い、各種資格試験対策講座の実施、SPIテストの無料実施、キャリアカウンセラーの常駐、その他幅広い支援を行っています。

就職実績

 

ご質問・お問い合わせ

上記以外のご質問・お問い合わせは、お問い合わせフォームをご利用ください。
お急ぎの場合は入試広報課までお電話ください(Tel:095-846-0084。平日9時~18時)。


必須 選択してください 
必須 お問い合わせ内容