学期・授業時間

学年・学期・休業日

学年

学年は4月1日に始まり、翌年の3月31日に終わります。

学期

学年(1年)を2つの学期に分け、前期(4月から9月まで)と後期(10月から3月まで)とします。各期は15週を原則とします。

休業日

学則の定める次の休業日は大学全体がお休みです。また、必要に応じて休業日が定められることもあります。
日曜日、国民の祝日に関する法律に定める日、春期・夏期・冬期休業・当該年度の学期・休業日については学年暦で確認ください。

2019年度 学年暦(PDF)

授業時間

授業時間は原則として1時限90分です。
受講効果等の理由により1/2時限で開講される時間は50分です。
年に数回、行事等の関係で、午後の時間が30分繰り下がることがあります。

時限 授業時間
1時限 9:00~10:30
2時限 10:40~12:10
3時限 12:55~14:25
4時限 14:35~16:05
5時限 16:15~17:45
6時限 17:55~19:25

履修

授業を受けるためには、その年度に履修する授業科目を届け出る手続き「履修登録」を各自で行う必要があります。

履修登録の流れ

履修説明
前期及び後期オリエンテーション期間(授業開始前の期間)に、履修についての説明が学内で行われます。

↓

履修計画の作成
履修説明の内容、時間割、キャンパスガイド(入学初年度の配布)、WEBシラバス (授業の内容、授業計画)を確認し、自分が履修する科目の時間割を作成します。

↓

履修登録
履修する科目をWeb上で登録します。
その後、配布された「履修届」で履修計画(時間割)の登録を確認し、登録完了となります。

シラバス検索

授業の詳細については、「WEBシラバス検索」を利用して、各授業のシラバスで確認します。
シラバスには、授業のねらいと概要、到達目標、授業計画、授業方法、学習方法、テキスト、成績評価の方法及び履修上の注意が掲載されています。

シラバス検索

実務経験のある教員等による授業科目

本学では、授業に関連する実務経験を有している教員が、その実務経験を十分に活かして実践的教育を行っている科目があります。

実務経験のある教員等による授業科目一覧(PDF)

成績評価・GPA

成績評価基準

本学の科目における学業成績の評価と判定基準

合否 評語 評点 GP 判定基準
合格 A+ 100~90点 4.0 特に優れており、秀でた水準に達している
A 89~80点 3.0 優れた成績を示している
B 79~70点 2.0 概ね妥当な成績を示している
C 69~60点 1.0 合格と認める最低限の水準に達している
P (対象外) (成績は表示せず合否判定のみ行う場合において)
合格(Pass)と認められる
不合格 F 59点以下 0 合格と認められる成績水準に達していない
X 0 単位認定の基礎資格を満たしていない

GPAの算出方法

GPA (Grade Point Average)とは、評価基準の国際的汎用性や学士課程教育における成績評価の厳格化等を求める教育界の動向を受けて、近年、わが国でも取り入れる大学が増加しているものです。GPAの値は、「修得単位
1単位あたりの、獲得したグレードポイント(GP)の平均値」を意味し、次の算出式により求められます。

GPA = (4.0×A+を得た科目の合計単位数)

(3.0×Aを得た科目の合計単位数)

(2.0×Bを得た科目の合計単位数)

(1.0×Cを得た科目の合計単位数)


履修登録した科目(不合格だった科目を含む)の総単位数※

※ 下記の科目はGPAを求めるに当たっての適用除外科目とし、その単位数は上記の計算式に算入しません。
(イ) 合否の判定のみ行い、ABC等の成績表示を行わない科目。
(ロ) 履修登録の確認・変更期間、又は履修中止申請期間に自ら登録取り消しの手続きを行った科目。

なお、不合格だった科目が必修科目であれば必ず再履修して単位を修得することが必要ですが、その場合(再履修で単位を得た場合)でも、一度「不合格」であった事実が消えることはなく、GPAの値に反映されます(個人別成績一覧表には「不合格」の成績と新たな成績のデータが併記されて表示されます)。

卒業/修了要件

卒業要件:学部

学位の授与は、教授会の卒業判定の厳格な審議を経て、学長が卒業を認定することにより決定します。
卒業要件単位及び必修科目の全単位を修得し、修業年限以上在学した者を対象として、学長が適正に卒業を認定します。教育課程は、ディプロマ・ポリシー実現のために策定されたカリキュラム・ポリシーに基づき編成されているため、卒業認定者は、ディプロマ・ポリシー(学位授与方針)に求められている学生像と合致しています。

卒業要件単位:学部

学科 授業科目の区分 合計
基礎科目 基幹科目 応用科目
文化コミュニケーション学科 47単位以上 77単位以上 8単位 132単位以上
地域包括支援学科 25単位以上 98単位以上 8単位 131単位以上
こども教育保育学科 32単位以上 91単位以上 8単位 131単位以上
比較文化学科 54単位以上 70単位以上 8単位 132単位以上
人間心理学科 52単位以上 70単位以上 8単位 130単位以上
英語情報学科 42単位以上 80単位以上 8単位 130単位以上
※平成29年度入学者まで
地域包括支援学科
26単位以上 98単位以上 8単位 132単位以上
※平成29年度入学者まで
こども教育保育学科
33単位以上 91単位以上 8単位 132単位以上

学則 第44条(PDF)

修了要件:大学院

博士前期課程

修了するには、2年以上在学し、授業科目について30単位以上を修得し、かつ、所定の履修要件を満たし、必要な研究指導を受けた上、学位論文(修士論文)を提出し、最終試験に合格しなければならない。

博士後期課程

修了するには、3年以上在学し、授業科目について26単位以上を修得し、かつ、所定の履修要件を満たし、必要な研究指導を受けた上、学位論文(博士論文)を提出し、最終試験に合格しなければならない。

大学院学則 第22条・第23条(PDF)