[文化コミュニケーション学科]長崎学専攻で「長崎とキリシタン文化」を学ぶ

[文化コミュニケーション学科]長崎学専攻で「長崎とキリシタン文化」を学ぶ

文化コミュニケーション学科の6専攻の一つである「長崎学専攻」。広い視野で長崎の文化の特質についての学びを深める本学独自の専攻です。

「長崎学専攻」では、長崎とキリシタン、出島とオランダ人、シーボルトや長崎の美術などについても学習することができます。

今回は、「長崎学専攻」の基幹科目として1年次前期に開講されている「長崎とキリシタン文化」を履修した学生の感想をご紹介します。

学生の感想

長崎はキリスト教布教の中心地として知られている場所であり、「長崎とキリシタン文化」の講義をとおして人物や歴史的背景とともにヨーロッパのキリスト教文化がどのように日本に受容されたのかを学べます。

課外授業として博物館へ行ったりするなど、座学以外の実践的要素もあるので受講して欲しい授業です。

テキストを読む中村健介さん

[文化コミュニケーション学科]学科概要:6つの専攻で自分の学びを組み立てる

[文化コミュニケーション学科]カリキュラム