障がいのある学生への支援

障害等のため配慮を要する学生支援制度

長崎純心大学では、障害等のため、修学上特別の配慮を必要とする学生に対して、より良い学生生活が送れるよう、全学的な取り組みを行っています。

障害のある学生及び保護者からの申請に応じ、学習や学生生活における困りごとについて、障害のある学生と協議し、必要な配慮について合意形成を行い、具体的な配慮内容について決定します。

配慮内容決定までの流れ

配慮内容決定までの流れ

具体的な配慮の事例

  • 座席位置の指定
  • 視覚で確認できる情報保障など

必要な配慮内容は、学生によって異なることもあるため、個別に面接を実施し、必要な配慮について申請者(学生)と十分に協議し検討します。また、学修におけるサポートをはじめ、学生生活におけるサポートも検討します。

学生支援制度に関するお問い合わせは学事課まで
TEL 095-846-0084(代表)
FAX 095-849-1694

施設・設備

専用駐車場

障がいのある学生が自家用車で通学する際に備えて、学内に数箇所駐車スペースを設けています。
なお、学生が自家用車で通学するには、申請手続きが必要です。詳しくは学事課までお尋ねください。

学内移動経路の確保

歩行が困難な学生や車椅子を利用している学生が、可能な限りスムーズに学内を移動できるように移動経路を確保します。

車いす用トイレの設置

学内数か所に車椅子で利用できるトイレを設置しています。また、車椅子も必要に応じて使用できるように準備しています。