皆さんが学んでいる長崎純心大学の「純心」とは、イエス・キリストの母、聖マリアのけがれないみ心に由来するもので、それはまた、皆さんの知性と人格を形成する大切な学びの場としての本学のアイデンティティでもあります。

聖母マリアは2000年以上も前の歴史上の人物、あるいは聖書の中の一人物であるだけではなく、今も変わることなく、特に苦しい状況に置かれた時にこそ、優しく温かい心で皆さん一人ひとりを見守っています。聖書の世界では、人間の「心」は神との出会いの場、人間性の要と考えられています。聖母マリアの「御心」について、神学・聖書・哲学・歴史・社会・霊性神学的観点から研究しています。


基本情報

職位・所属
教授
人文学部 文化コミュニケーション学科
学位
文学士(英語)[白百合女子大学文学部英文学科 1990年3月]
学士(霊性神学)[ローマ教皇庁立サレジオ大学神学部霊性神学科 2003年6月]
学士(霊性神学)[ローマ教皇庁立グレゴリアン大学神学部霊性神学科 2005年6月]
神学修士[上智大学神学研究科 博士前期課程修了 2017年3月]
神学博士[上智大学神学研究科 博士後期課程修了 2021年3月]
専門分野
キリスト教神学
マリア神学
霊性神学
研究テーマ
聖母マリアの御心の霊性
西欧キリスト教と日本的霊性
キリシタン史における聖母崇敬

主な研究業績

年月 著書・学術論文名他 掲載誌名又は学会名
2009年6月 『創立者ヤヌワリオ早坂久之助司教の「使命」と 長崎純心聖母会の「創立のカリスマ」』 長崎純心聖母会
2017年8月 「救いの協力者 聖母マリアのみ心(一)」 「カトリック研究」86号、  1-53
2018年8月 「救いの協力者 聖母マリアのみ心(ニ)」 「カトリック研究」87号、  67-130
2018年8月 「マリアの汚れなき御心崇敬に見る恩恵」 「日本カトリック神学会誌」29号、117-142
2021年10月 『純心聖母会のカリスマ(霊的賜物)』 純心聖母会
2021年12月 『聖母マリアの御心崇敬-歴史的展開とその日本的・現代的意義』 教友社
2021年12月 Mary McKenna, New directions in Mariology within theology: Mary, Mother of God, Theotokos, type of the Church, illuminator of the fullness of Christian faith and theology. 「神学ダイジェスト」131号、7-16(翻訳)

所属学会

  • 日本カトリック神学会