比較文化研究分野

比較文化研究分野の特色

人間文化のグローバル化、多様化が急速に進む今日、これに対応した研究・教育は、普遍性に依拠した比較研究を方途とすべきであり、文化が有する価値に着目したとき、その研究・教育の営みは人文学を方途とすべきであろうと思われます。

比較文化研究分野では「世界の中の日本」を念頭に置くものであると同時に、人間文化の普遍性を追求し、人間文化の理解にあたっては、文化の固有性と普遍性を二者択一的に捉えるのではなく、固有性に普遍性を、普遍性に固有性を見出す統合的な理解を目指します。博士後期課程では、修士課程が目指す人間文化の普遍的根源的探求を、より高度なレベルで実践します。

カリキュラム

博士前期課程カリキュラム

統合科目

総合的または統合的な判断力の涵養

本専攻課程の基礎的、総合的理解を果たす科目群として位置づけられます。

  • 人間文化研究特論
  • 文化の神学
  • キリスト教人間学特論
  • 学習社会特論
  • コミュニケーション特論
  • 環境倫理学特論

基軸科目

高度な研究能力の開発

本専攻課程の基軸となる専門的研究分野として位置づけられます。

比較文化研究(文化の比較研究)
  • 英語情報研究特論
  • 英語活用研究特論
  • 英米文学研究特論
  • 日本文学特論
  • 日本語特論
  • 教育人間学特論
  • 日本キリスト教史特論
  • 比較文化史特論
  • 文化社会特論
  • 比較教育文化特論
  • 教育思想特論
  • 比較文学・文化研究特論
  • 文化事業特論
  • 近代日本文学特論

展開科目

自ら主体的に研究する能力の涵養

特別研究演習とそれに連動する修士論文に要する研究指導を行います。

比較文化研究(文化の比較研究)
  • 比較文化特別研究演習
  • 人間文化特別研究

気になる科目は シラバス検索 で確認できます。

博士後期課程カリキュラム

基軸科目

高度な研究能力の開発と豊かな学識の涵養

本専攻課程の基軸並びに基盤となる専門的研究分野として位置づけられます。

比較文化研究(文化の比較研究)
  • 比較文化特殊研究I・II・III・IV
  • 比較文化特殊研究演習I・II・III・IV

総合展開科目

自立する研究活動の展開と総合的観点に立つ成果の創造性開発

本専攻課程の修了成果となる博士論文に要する研究指導を行います。

比較文化研究(文化の比較研究)
  • 人間文化特殊研究

気になる科目は シラバス検索 で確認できます。

予想される修了後の進路

博士前期課程

  • 関係の大学院博士後期課程への進学
  • 高度な専門的職業人
    地域の文化事業従事者 / 国際文化事業従事者 / 学芸員 / 教員(リカレント教育)※

※基礎資格・免許状を取得していることが条件

博士後期課程

  • 研究者(教育・研究機関)
  • 各研究分野に適う高度な専門的職業人