取得資格

取得資格

地域包括支援学科 取得可能免許・資格

社会福祉士国家試験受験資格

社会福祉士は、専門的知識と技術をもって福祉に関する相談援助を行う福祉専門職にかかる国家資格です。
身体上に障がいがあるまたは日常生活を営むことに支障があるなどの方に、福祉に関する相談、助言、福祉サービスを提供したり、医師や保険医療サービスなどとの連絡、調整その他の支援を行うことが主な仕事とします。
社会福祉士の資格は、地域包括支援学科の所定の科目を履修し、国家試験に合格することで取得できます。

介護福祉士国家試験受験資格

介護福祉士は、専門的知識と技術をもって、身体上等に障がいがあることにより日常生活を営むことに支障がある方へ心身の状況に応じた介護を行う、または介護に関する指導を行う専門職にかかる国家資格です。
普段の生活において不自由さのあるかた方々(子ども、成人、高齢者)の日常を介護を通じて支え、その人らしい生活を実現し人生をより豊かにしていくことを目標としている専門職です。

精神保健福祉士国家試験受験資格

精神保健福祉士は、主に精神科病院で治療を受けている方や、自立支援施設を利用している精神障がいのある方などに対して、精神保健福祉に関する相談に応じ、 日常生活を営む上で必要な訓練や援助を行う専門職で国家資格です。
精神保健福祉士の資格は、地域包括支援学科の所定の科目を履修し、国家試験に合格することで取得できます。

公認心理師国家試験受験資格

公認心理師は、保健医療、福祉、教育などの分野において、心理的サポートを必要とする人の相談に応じたり、心理状況を観察・分析したり、相談者への助言や指導などを行う心理の専門職にかかる国家資格です。
※大学及び大学院で国家試験に必要な心理学の科目を修了した人、または大学で国家試験に必要な心理学の科目を修了し、臨床現場で2年実務に従事した人が国家試験の受験資格を与えられます。

スクール(学校)ソーシャルワーカー[(一社)日本社会福祉士養成校協会認定資格]

スクールソーシャルワーカーは、小学校、中学校、高等学校などの学校教育現場や教育委員会などの教育行政において、ソーシャルワークを行う社会福祉士や精神保健福祉士のことをいいます。
児童・生徒やその家族、生活環境に働きかけ援助をしていく専門職です。

認定心理士

4年制大学における心理学科またはそれに準ずる課程を卒業したものを対象に、(公社)日本心理学会が認定する基礎資格です。
本学で必要な単位を取得後、認定委員会に申請し、認定されると認定心理士名簿に登録されるとともに認定証が交付されます。

保育士

厚生労働省より保育士養成機関の認定を受けている地域包括支援学科と児童保育学科(こども教育保育学科)は、所定の課程を修了することで卒業と同時に保育士資格を取得することができます。
地域包括支援学科支援学科では、子どもに対するケアワークとともにソーシャルワークを展開できるできる保育士の要請を目指します。

高等学校教諭一種免許状(福祉)

※「地域包括ケアコース」に在籍し、福祉と教職の所定の単位を修得することが必要です。
 地域包括支援学科では、専門学科(福祉)や総合学科福祉コースなどの教員育成を目指しています。

教職課程を履修することにより、教諭一種免許状を卒業と同時に取得することができます。
公立学校の教諭を目指す場合は、都道府県または市町村が実施する教員採用試験に合格しなければなりません。そのために学内で対策講座を実施するなどのサポートを行っています。

社会福祉主事任用資格

社会福祉主事とは、福祉に関する事務所などの行政機関に配置され、生活保護法等の福祉行政に携わる福祉職です。

児童指導員任用資格

児童指導員は、「児童福祉施設の設備及び運営に関する基準」という法令のもと、児童養護施設、障がい児入所施設、児童発達支援センターなどにおいて子どもたちの生活や学習の指導・支援を行う職種です。

情報処理士

一般社団法人全国大学実務教育協会が認定する資格です。
この資格は、情報処理技術の基礎とそれを活かす関連分野の科目の中から所定の単位数を修得したものに与えられます。

※すべての免許・資格を4年間で取得することはできません。

主な資格について

  • 社会福祉士・介護福祉士
  • 社会福祉士・保育士
  • 社会福祉士・精神保健福祉士
  • 公認心理師・社会福祉士または精神保健福祉士

の組み合わせで取得することができます。