岩瀬 由佳

岩瀬 由佳

岩瀬 由佳

悲しい時、楽しい時、つまらない時…。人は感情の基に、かたわらに、音楽があると感じています。また、街を歩いていても、テレビを視ていても、必ず、音楽があふれています。
音楽教育では、音楽を通して、子どもたちの豊かな情操を養うことを目標としています。
そんな子どもたちを育てるために、音楽あそび、歌、楽器、鑑賞等を通して、自分自身も情操豊かになりましょう。そのために、共に音楽を楽しみ、学びましょう。


基本情報

職位・所属
准教授
人文学部 こども教育保育学科
学位
修士(長崎大学大学院教育学研究科(教科教育専攻音楽教育) 修了 平成15年3月)
専門分野
音楽教育
研究テーマ
郷土の音楽 音楽教育の指導法

担当科目

学部
  • 基礎音楽
  • 音楽科教育法
  • 音楽表現法a・b
  • 音楽基礎理論Ⅰ・Ⅱ
  • 小学校教育実習指導
  • 小学校教育実習I・II
  • ソフォモア・セミナー
  • 長崎さるく入門
  • 専攻演習Ⅰa・Ⅰb・Ⅱ
  • 卒業論文

主な研究業績

年月 著書・学術論文名他 掲載誌名又は学会名
平成31年3月 わらべ歌を用いた学びの展開 「児童教育支援センター年報」第12号
平成31年3月 小学校音楽科教育法 鑑賞指導にについて~弦楽器を使った比較聴取の実践~ 「教職課程センター紀要」第2号
平成30年3月 鍵盤ハーモニカを使った音楽づくり-絵画をイメージして- 日本学校音楽教育実践学会 学校音楽教育実践論集
平成30年2月 学生が主体的に学ぶ就学前教育における手遊び歌・音楽遊び
-小学校スタートカリキュラムでも使える遊び-
「児童教育支援センター年報」第12号
平成30年2月 小学校音楽科の模擬授業において、学生が陥るつまずき
― 得意・不得意領域との関係性からみて ―
「教職課程センター紀要」第2号
平成28年3月 「児童生徒の学びの喜びー学習と環境への眼差しー」を探る国際共同研究 平成26年度―平成27年度 学内共同研究 研究成果報告書(共著) 長崎純心大学
平成27年12月 Children`s Perspective on School, Teaching and Learning. ”JOY TO Learn“(共著) Sofia,Farrago Publ.
平成27年8月 「音痴」と自分で思っている学生の調査
ー心理的側面と音楽的側面から探る
日本音楽教育学会 音楽教育実践ジャーナルvol13.No.1 August
平成27年3月 CM音楽及びテレビ番組・映画におけるテーマ音楽の浸透 Ⅱ 1年前の調査との比較―学生を対象とした調査結果の分析を通して― 児童教育支援センター年報第9号
平成26年11月 日本における“創造性”を育む学校教育の在り方についての一考察 「グローバル教育」長崎シンポジウム(共著)
平成26年10月 A Study of Japanese Children's Perspectives on Learning: Searching for their Joy to Learn ブルガリア ソフィア大学にて経過報告(共同研究、共著)
平成26年3月 CM音楽及びテレビ番組・映画におけるテーマ音楽の浸透 Ⅰ ―学生を対象とした調査結果の分析を通して― 児童教育支援センター年報第8号
平成24年3月 児童自身が「歌うこと」を考えるー永井隆作詞「あの子」の指導から 児童教育支援センター年報第6号
平成15年1月 小学校における郷土の音楽の教材化に関する研究 長崎大学大学院
修士論文
平成14年11月 「小学校音楽教育実践指導全集」第2巻 低学年
おはなしをおんがくで
(株)アカデミー・プロモーション
平成14年3月 「評価」は変わるのか?〜評価の規準から考える 音楽之友社「教育音楽」
平成10年6月 同じ活動でも、子どもの興味や技能が高まる学校を隅々まで効果的に利用しよう! 音楽之友社「教育音楽」
平成9年11月 発表の場を自分たちで作る
希望する子どもなら誰でも開けるコンサート
音楽之友社「歌の広場」
第2巻

所属学会

  • 日本音楽教育学会
  • 日本学校音楽教育実践学会