取得可能な資格・免許

取得可能な資格・免許

本学大学院臨床心理学分野では、開設以来、臨床心理士養成のカリキュラムを設置し、これまでに多くの臨床心理士を輩出してきましたが、2018年より公認心理師のカリキュラムを設置し、今後は公認心理師養成に移行していきます。

公認心理師試験 受験資格

公認心理師は、2017年9月に施行された「公認心理師法」に基づく国家資格です。

公認心理師の受験資格を得るためには、(1)大学で指定科目を修めて卒業し、かつ大学院でさらなる指定科目を修めて修了するか、(2)大学で指定科目を修め、卒業後一定期間の実務経験を積むか、(3)(1)または(2)と同等以上の知識及び技能を有すると認められることが必要です。

大学院学則 第27条の2
博士前期課程において、公認心理師の受験資格を取得するためには、公認心理師法(平成27年法律第68号)及び同法施行規則(平成29年文部科学省・厚生労働省令第3号)に定める授業科目を履修し、その単位を修得しなければならない。

臨床心理士受験資格 [第一種指定校]

※平成30(2018)年度入学者まで

臨床心理学分野に、臨床心理士受験資格取得に係わる専攻・領域として指定(第一種)されています。

大学院学則 第27条
博士前期課程において、臨床心理士の受験資格を取得するためには、臨床心理学分野の所定の授業科目を履修し、その単位を修得しなければならない。