アドミッション・ポリシー

アドミッション・ポリシー

長崎純心大学はキリスト教ヒューマニズムに基づき「知恵のみちを歩み人と世界に奉仕する」を教育研究の指針としています。学力は豊かな人間性がそなわって知恵となり、人と世界に役立つとき、真の力となるからです。この指針のもと、本学人文学部は、文化コミュニケーション学科、地域包括支援学科、こども教育保育学科によって構成されています。

各分野において高い専門性を有し、人と世界に奉仕できる人間を育成することを使命とする長崎純心大学は、次のような資質、こころざしを持つ学生を求めます。

  • 自ら学ぼうとする学習意欲をもち、社会に対する責任感、探究心、協調性を有する者
  • 大学での学びをとおして、実践的な知識・技能と幅広い教養を習得し、自立的な応用力や判断力を身につけようとする者
  • 将来、自らの個性や得意分野を生かし、社会に貢献しようとする者

文化コミュニケーション学科

※平成30年4月 学科開設予定

文化コミュニケーション学科は、学位授与方針及び教育課程の編成・実施方法に基づき、以下のような入学生の受け入れを目指す。

  1. 人間が共同で築き上げた社会、歴史、文学、思想を国際的な視野から探求しようとする者
  2. 英語をはじめとする外国語でのコミュニケーションとICT を活用した情報コミュニケーションに関心をもつ者
  3. 将来はビジネス、情報通信の分野や、文化を創造し伝えていく職業に就きたいと考える者

地域包括支援学科

地域包括支援学科は、学位授与方針及び教育課程の編成・実施方法に基づき、以下のような入学生の受け入れを目指す。

  1. 基礎的な思考力・判断力・表現力を身につけている者
  2. 福祉や心理学について興味関心や問題意識があり、自ら学ぼうとする学習意欲を持つ者
  3. 大学で学修を進めるうえで必要な言語能力および大学で学ぶための基礎的知識を有する者

こども教育保育学科

※平成30年4月 児童保育学科から名称変更予定

こども教育保育学科では、保育、教育、福祉に係る専門的知識・技能を備え、子どもの成長発達を促す指導・支援と子どもに係る種々の課題解決のために尽力する豊かな人間性をもった人材の養成を目的とし、次のような者を求めている。

  1. 人間と保育、教育、福祉に関する問題意識を持ち、理論的、実践的に自ら学び続けることができる基礎的学力を身につけている者
  2. 豊かなコミュニケーション力を持ち、自らの感性と表現力を高めようとする意欲を持つ者
  3. 学んだ知識と技能を生かし、保育士並びに幼稚園教諭・小学校教諭として社会に貢献しようとする意欲を持つ者