飛永 高秀

飛永 高秀

地域包括支援学科 准教授

飛永 高秀

社会福祉において「住む」ことが生活の中でどのように位置づき、意味づけされ、それが福祉実践にどのように生かせるのかなど、居住概念の検討、高齢者等の居住支援システムについて検討しています。

ゼミでは、高齢者福祉を中心に各学生の興味関心に基づき卒論を作成しています。
卒論の作成においては、ゼミ生の発表と討論により、現状をいかに客観視し分析できるかについて検討します。


基本情報

学位
修士(社会福祉学)(東洋大学大学院社会学研究科社会福祉学専攻博士前期課程修了 1999年3月)
- (東洋大学大学院社会学研究科社会福祉学専攻博士後期課程単位修得満期退学 2004年3月)
専門分野
社会福祉学(社会福祉原論、高齢者福祉論、居住福祉論)
研究テーマ
  • 社会福祉における住宅・すまい等の居住概念に関する研究
  • 社会福祉政策と住宅政策の歴史的研究
  • 高齢者・障害者の居住支援システムに関する研究
  • 福祉サービスの利用支援システムに関する研究
  • 社会福祉施設における組織と経営に関する研究
  • 社会福祉専門職養成と現任教育における教育研修内容とスーパービジョンに関する研究

担当科目

学部
  • 高齢者に対する支援と介護保険制度Ⅰ
  • 老人ソーシャルワーク論
  • 福祉サービスの組織と経営
  • 相談援助演習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ・Ⅴ
  • 相談援助実習指導Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
  • 基礎介護実習指導
  • 専攻演習Ⅰ・Ⅱ
  • 卒業論文

主な研究業績

年月 著書・学術論文名他 掲載誌名又は学会名
2010年 『よくわかる社会福祉運営管理』 分担執筆 ミネルヴァ書房
2009年 『相談援助実習・相談援助実習指導』 共著 弘文堂
2008年 『高齢者の住環境』 共著 ぎょうせい
2008年 『社会福祉援助学』 共著 学文社
2008年 『ベーシック社会福祉高齢者と家族の支援と社会福祉-高齢者福祉入門-』 共著 ミネルヴァ書房
2008年 『臨床に必要な居住福祉』 共著 弘文堂
2007年 『エンサイクロペディア 社会福祉学』 分担執筆 中央法規
2009年3月 施設入所者の住居変遷を通した生活理解に関する研究‐養護老人ホーム入所者の住生活史からの考察‐ 純心人文研究第15号
2010年3月 高齢者福祉施設入所者の居住支援に関する研究(1) ―高齢者の住生活史における「家族」と「すまい」に焦点をあててー 純心人文研究第16号
2010年3月 社会福祉政策と住宅政策の展開と融合
-1990年以降の住生活福祉政策の道程-
純心現代福祉研究№14

社会における活動

  • 社団法人日本社会福祉士養成校協会 九州ブロック運営委員長 (2009年~現在)
  • 長崎大学 医学部 保健学科 非常勤講師
  • 長崎市医師会看護専門学校 非常勤講師

所属学会

  • 日本社会福祉学会
  • 日本地域福祉学会
  • 日本居住福祉学会