石井 望

石井 望

比較文化学科 准教授

石井 望

東洋文明の「音」を探求してゐます。文明の音であって、土着の音ではありません。北京の音だけでなく、蘇州の音、古典の音です。漢文は朗誦するもの、漢詩は歌ふもの。漢字は音を載せる道具です。漢詩の音が滅んだので、代りにモンゴル時代の「元曲」のメロディー復元研究などをしてゐます。研究論文は漢文で書いてゐます。論説文も音として質が高くなければなりません。授業でも易しい漢文を音として捉へます。


基本情報

学位
文學碩(修)士 (蘇州大學研究院古代文學專業碩(修)士課程畢(卒)業 平成5(西暦1993)年7月)
修士(文學) (京都大學大學院生文學研究科修士課程修了 平成7(西暦1995)年3月)
専門分野
漢文圏文藝
研究テーマ
元曲崑曲の音樂、唐人燕樂の音律、漢字音圖、蘇州語、長崎の漢文

担当科目

学部
  • 中国語文化入門
  • 中国語I・II
  • 東洋の思想
  • 東洋文化史
  • 漢文学
  • 文献講読基礎
  • 専攻演習I・II
  • 卒業論文

大学院
  • アジア文化特論

主な研究業績 (筆名 石海青(せきかいせい))

年月 著書・学術論文名他 掲載誌名又は学会名
2007年8月 崑曲中州韻教材 附DVD 共著(石海青・王芳) 里仁書局
2000年12月 清濁易名陰陽考 「開篇」二十號
2004年10月
至2005年2月
工尺譜究竟是何種音階――從唐代二十八調到南北曲(上中下) (石海青) 「大雅」
三十五至三十七期
2006年6月 韻鏡内外轉決疑 「長崎綜合科學大學紀要」四十六卷二號
2006年7月 沈約創定紐位高下説 (石海青) 「輔仁國文學報」
二十二期
2007年12月 詞曲定調 (石海青) 「淡江中文學報」十七期
2008年3月 倭漢音圖旋法解 (石海青) 「中國語文研究」
二十五期
2010年9月 唐船入港用「南蠻醜類榜」原木紹介 「長崎純心比較文化學會會報」四號
2010年11月 正倉院尺八調新義
共著(中村光彦・いしゐのぞむ)
「長崎綜合科學大學紀要」五十卷
2011年2月 唐學四論――大浦天主堂藏榜辨釋・中州全韻以下陽上無きの辨・浪淘沙入劇考・落梅風求腔 「純心人文研究」十七號

社会における活動

  • 正かなづかひの會 幹事

所属学会

  • 日本中國學會
  • 東洋音樂學會
  • 九州中國學會
  • 全國漢文教育學會