私は、カテキズム(カトリックの教えを説くテキスト)をとおして、キリスト教(カトリック)が3国にどのように受容され変遷していたかを整理し明らかにする研究をしています。3国のキリスト教に関する比較研究を進めることによって、各国の思想や文化の特徴を理解していきたいと思っています。

近年には研究範囲を広げ「日本と韓国の説話」についての研究も進めています。キリスト教関連の研究だけではなく、広い視野をもって、日・韓両国文化の比較研究をすることで、両国への理解を深めたいと考えています。


基本情報

職位・所属
講師
人文学部 文化コミュニケーション学科
学位
修士(学術・文学)[長崎純心大学大学院人間文化研究科人間文化専攻 2017年3月]
博士(学術・文学)[長崎純心大学大学院人間文化研究科人間文化専攻 2020年3月]
専門分野
日本キリシタン史
天主教会史(中国・韓国カトリック教会史)
研究テーマ
日・中・韓のカトリック教会史
日・中・韓におけるカテキズムの受容と変遷
日・韓の説話

担当科目

学部

  • 長崎とキリシタン文化
  • 東アジア文化論
  • 韓国語Ⅰa・Ⅰb
  • 文献講読基礎a
  • 文献講読演習a・b
  • 文献講読

大学院

  • 日本キリスト教史特論
  • 比較文化特別研究演習
  • 人間文化特別研究

主な研究業績

年月 著書・学術論文名他 掲載誌名又は学会名
2021年2月 「物々交換説話」管見ー「粟一粒」・「藁しべ長者」に関する覚え書きー 長崎純心大学大学院人間文化研究科
『人間文化研究』第19号
2019年5月 「日本・中国・韓国における「ドチリナ・キリシタン」について」 長崎純心比較文化学会
『長崎純心比較文化学会会報』第13号
2017年5月 「日本・中国・韓国におけるカトリック受容史」 長崎純心比較文化学会
『長崎純心比較文化学会会報』第11号

所属学会

  • 長崎純心大学比較文化研究学会
  • キリシタン文化研究学会
  • 西日本国語国文学会