島田 佳代子

島田 佳代子

比較文化学科 准教授

島田 佳代子

「本当の」真理・善・美って何だろう、という発想って大事だと思いませんか?「本当の(普遍的な)」という発想を失くしたとたんに、自己中心的な考えが行動の基準になってしまいます。「本当の(普遍的な)」を求めれば、人間は、もっともっと周りに暖かさを与えていける可能性のある、素晴らしい存在なのです。哲学・倫理学は、そういうことを考える学問です。私の現在の研究テーマはトマス・アクィナスの認識論、カリタス論、情念論ですが、授業では、キーワードでいえば、「幸福」、「愛」、「正義」等も考察します。


基本情報

学位
文学士(九州大学文学部哲学科・哲学・哲学史専攻 1993年3月)
文学修士(京都大学大学院文学研究科・西洋哲学史(中世)修士課程修了 1995年3月)
- (京都大学大学院文学研究科・西洋哲学史(中世)博士課程単位取得満期退学 1998年3月)
専門分野
西洋中世哲学、西洋古代哲学
研究テーマ
トマス・アクィナスの認識論、情念論、徳論、アリストテレスの徳論

担当科目

学部
  • 哲学
  • 哲学概論
  • 倫理学
  • 倫理学概論
  • 西洋の思想
  • 教養と読書
  • 文献講読基礎
  • 文献講読演習a・b
  • 専攻演習I・II
  • 卒業論文

主な研究業績

年月 著書・学術論文名他 掲載誌名又は学会名
2009年2月 情念(passio)と徳(virtus)
-トマス・アクィナスにおける‘misericordia'の位置付け-
「純心人文研究」第15号
(長崎純心大学)
2010年2月 神的なことがらdivinaを受けること
-トマス・アクィナスにおける「意志」と「情念」-
「純心人文研究」第16号
(長崎純心大学)
2011年3月 日本の社会福祉制度の問題点と、カトリック社会福祉の目指すべきもの
-トマス・アクィナスの「施(eleemosyna)」論を手掛かりに-
「カトリック社会福祉研究」 第11号
(長崎純心大学カトリック社会福祉研究所)
2013年3月 「配分的正義(justitia distributiva)」と「共通善(bonum commune)」--アリストテレスとトマス・アクィナス--(上) 「カトリック社会福祉研究」 第12号
(長崎純心大学カトリック社会福祉研究所)

社会における活動

  • 中世哲学会 九州地区幹事 (2008年度~2009年度)
  • 中世哲学会 推薦評議員(2010年度~2015年度現在に至る)

所属学会

  • 中世哲学会
  • 京大中世哲学研究会
  • 九州大学哲学会