村岡 三奈子

村岡 三奈子

英語情報学科 准教授

村岡 三奈子

英文学の歴史は、中世まで遡ること150年。そのジャンルも、演劇・詩・小説と様ざまです。たとえば、シェイクスピアの代表作『ハムレット』や『ロミオとジュリエット』が誕生したのは、今からおよそ400年前。当然、言葉も文化も現代のそれとは大きく違いますが、ことばが紡ぎ出す人間のドラマには尽きせぬ魅力があります。より広い世界認識とより深い自己理解に向けて人間を解き放つ“イマジネーション”と“インスピレーション”――文学の悦びもそこにあるようです。


基本情報

学位
修士(文学)(九州大学大学院文学研究科博士前期課程修了 平成7年3月)
- (九州大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得満期退学 平成10年3月)
専門分野
英米文学
研究テーマ
ジョン・ミルトンの宗教詩

担当科目

学部
  • 英米文学入門Ⅰ・Ⅱ
  • 児童英語
  • 英語科教育法Ⅰ・Ⅱ
  • 事前事後指導
  • 教職実践演習
  • 教養と読書
  • 文献講読基礎
  • 文献講読演習a・b
  • 専攻演習Ⅰ・Ⅱ
  • 卒業論文

大学院
  • 英米文学研究特論

主な研究業績

年月 著書・学術論文名他 掲載誌名又は学会名
2000年3月 Milton's Christ: Logos-Incarnation and Satanic Deformation in Paradise Lost 「純心人文研究」第6号
2001年3月 ミルトンの光──"Natures light" と "Light from above" をめぐって 「純心人文研究」第7号
2005年3月 ミルトンの救済史──『楽園の喪失』と「イザヤ書」との対話 『英文学と道徳』
(九州大学出版会)
2009年3月 祝祭と<地獄浄め>──『十二夜』論 「純心人文研究」第15号
2011年3月 "Giving to death, and dying to redeem":
Paradise Lost における「知識の樹」の贖罪論的考察
「純心人文研究」第17号

所属学会

  • 日本英文学会
  • 日本ミルトン・センター
  • 日本福音主義神学会